ノーベル文学賞の選考を行うスウェーデン・アカデミーのノーベル委員会の
ペール・ベストベリー委員長(78)が21日午前(日本時間同日夕)、読売新聞の取材に応じ、
1993年に死去した作家・安部公房が同賞の受賞寸前だったことを明らかにした。

ベストベリー委員長は、安部公房について
「急死しなければ、ノーベル文学賞を受けていたでしょう。非常に、非常に近かった」と強調したという。

安部公房といえば、「砂の女」「燃えつきた地図」「箱男」「他人の顔」が有名ですね。
ノーベル文学賞を受賞した大江健三郎もノーベル文学賞を受賞したおりに、
「もっと長生きしていれば、自分ではなくて彼らがノーベル文学賞を受賞したであろう」と言ってたみたいですね。

『前衛文学の旗手』などと評されることも多い安部公房氏ですが、
普及する以前からシンセサイザーを購入して使用していたり意外な一面もあったようです。

また、日本人で初めてワープロで小説を執筆した作家でもあるみたいですね。
未完に終わった『飛ぶ男』などの遺作が、ワープロのフロッピーディスクから発見されるという、当時としては珍しい遺作の発見のされ方だったようです。

難解そうなイメージの安部公房作品ですけど、一読してみてはいかがでしょうか。