「the Movie」というというタイトルが付いた不審なAndroidアプリが個人情報を外部のサーバに送信していた可能性が発覚。
Twitterなどで注意を呼び掛けるツイートが流れていたらしい。

気になるアプリは確認されただけでその数は16種類。
以下が問題のAndroidアプリ。

  • 「けいおん-K-ON!動画」
  • 「うまい棒をつくろう! the Movie」
  • 「連打の達人 the Movie」
  • 「チャリ走- the Movie」
  • 「ぴよ盛り the Movie」
  • 「空手チョップ! the Movie」
  • 「魔界村騎士列伝 THE MOVIE」
  • 「3D視力回復 THE MOVIE」
  • 「ギャングハウンド the Movie」
  • 「大盛モモ太郎 THE MOVIE」
  • 「ウォーリーを探せ the Movie」
  • 「桃太郎電鉄 the Movie」
  • 「メガ盛りポテト THE MOVIE」
  • 「FC2動画まとめ the Movie」
  • 「スヌーピーストリート THE MOVIE」
  • 「スク水動画まとめ」

これらのAndroidアプリは「tsunakan」「hamunaruka」という2名の作成者が提供しているもので、セキュリティー会社がすべてのアプリの動作を解析したところ、いずれも国内の同じサーバーに情報を送っていたことから、2人は同じ人物か同じグループや会社に所属しているのではないかとみられているようだ。

個人情報を外部のサーバに勝手に送信していたとされるAndroidアプリは、一般的な人気ゲームの動画を見ることができるというもの。

で、気になるのは外部のサーバーに送信された情報。

・端末の電話番号
・Android ID
・所有者の名前
・連絡先にある人物の名前・電話番号・メールアドレス

これらの情報が、問題のアプリを実行すると外部のサーバに送信されていたようだ。
しかも、外部サーバに送信された情報は数百万人分に上る可能性があるとのこと。

なんて迷惑なアプリなんだ。
自分の情報だけでなく、電話帳にある名前・電話番号・メールアドレスが流失って…。

これって・・・法律で処罰されるんだろうか?
安い罰金刑だけで済まされてしまうんだろうか?

他にもまだ発覚していない同様のアプリがあるのか不安だ…。
早めにスマホにセキュリティソフトを入れておいた方がいいのかしれないな。