世界の面白い食べ物を食べる番組『アンソニー世界を喰らう』のアメリカ人シェフの、アンソニー・ボーデインが「今までで一番マズかった」と言ったのがこのハカール。
で、このハカールなる言葉がネットでちょっとした話題。



話題のハカールはアイスランドの伝統的料理なんだそう。

どんな料理かというと…
グリーンランド・ シャークまたはウバザメの骨を抜き、2~4ヶ月発酵させたもので、アンモニア臭漂うとのことです。

アンモニア臭漂う食品って…食欲が沸かない気もしますが。


気になったので画像を探してみましたが、見た目はキレイですね。
キューブ型に切って、つまようじでいただくのがアイスランド流みたいです。

発酵食品って臭いも味も強烈なものが多いですよね。

世界一臭いとバラエティの罰ゲームでも使われるスウェーデンのニシンを塩漬けにして缶の中で発酵させたシュールストレミング。
他にも韓国のエイを発酵させたホンオフェ、中国の腐乳など色々ありますよね。

日本の物で言えば、納豆や鮒寿司が代表的ですね。

鮒寿司ですが、生キャラメルや生キャラメルチョコとコラボしたのがあるの知ってました?
すごい組み合わせですよね。





そういえば、そろそろゴールデンウィークですね。
予定の無い人はアイスランドへハカール食べに行ってはどうですか?^^

ちなみに、鮒寿司のコラボ商品はコチラで購入できます。

びわ湖の恵本舗
URL:http://www.biwakonomegumi.com/index.html