ロジャー・フェデラーVSアンディ・マレー

ウィンブルドン男子シングルス決勝はロジャー・フェデラー(30=スイス)が逆転勝ちで3年ぶりの優勝。
これでピート・サンプラス(米国)らに並ぶ最多7度目の制覇となった。
世界ランク1位にも復帰。

アンディ・マリー(25)が勝てばイギリス勢で76年ぶりの優勝だっただけに、やや緊張してしまったのだろうか。

ロンドン五輪の代表にも選ばれてるし、アンディ・マレーの活躍には注目。