全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本」を決定する
『2012年本屋大賞』が、4月10日発表されました。

一次投票は全国431書店より560人。
二次投票には302書店より371人が投票。

その結果「2012年本屋大賞」は、
『舟を編む』三浦しをん著(光文社)に決定しました。

三浦しをんさんは『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞も受賞されています。

「本屋大賞2012」順位

1位:『舟を編む』三浦しをん(光文社)
2位:『ジェノサイド』高野和明(角川書店)
3位:『ピエタ』大島真寿美(ポプラ社)
4位:『くちびるに歌を』中田永一(小学館)
5位:『人質の朗読会』小川洋子(中央公論新社)
6位:『ユリゴコロ』沼田まほかる(双葉社)
7位:『誰かが足りない』宮下奈都(双葉社)
8位:『ビブリア古書堂の事件手帖』三上延(アスキー・メディアワークス)
9位:『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
10位:『プリズム』百田尚樹(幻冬舎)